どう利用したら成田空港附近駐車場を最安値で利用できるか解説

成田空港付近の駐車場を最安値で利用するには、まずインターネットで検索し、最安値のところを探すことです。駐車料金は日々刻々と変化しますから、駐車することになったら、リアルタイムの情報をインターネットで調べるようにしましょう。成田空港に車で向かい、付近に駐車して海外旅行するなら、空港付近のホテルに前泊するのが最もお得な方法となります。ホテルに無料で14日から20日ほど車を預けることができるからです。ホテル代をかけたくない場合は、空港から少々離れた民間の駐車場に車を預け、その後はシャトルバスで空港に向かうという方法になります。最安値だと青空駐車になり、帰国後は空港からシャトルバスに乗り、車を取りに行きます。10日間預けても3000円余りで済みます。

空港から少し離れたところを利用する

成田空港には、空港が運営する駐車場もあり、空港から近いためたいへん便利なのですが、駐車料金はそう安くもありません。最安値のところは、空港から少々離れた場所にある、民間の駐車場となります。空港から少し離れているとはいえ、シャトルバスで空港と結ばれていますので、時間に余裕を持って行動すれば、そう大きな不便はありません。車をそこで預けたあとは、シャトルバスに乗って空港へ向かいます。帰りも、空港からシャトルバスに乗って、車を引き取りに行きます。預けている間、車は青空駐車となります。この方法が最も割安となります。海外旅行ですから、重いスーツケースを運ぶ必要があり、できれば空港ターミナルで車を託したい、帰りもターミナルまで持ってきてほしいという場合は、かなり割高になります。

ガレージ利用は割高でも人気がある

駐車料金を最も安くするには、青空駐車となりますが、屋根のついたガレージを希望する人は多く、割高でも一番人気のあるプランとなっています。青空駐車なら、10日間預けても3000円余りで済みますが、ガレージへの駐車となると、4日間で2倍以上、10日間では4倍ほどになります。青空駐車では、4日目以降には、1日当たり50円しか追加されないため、長く預けるほどお得になります。駐車料金を無料にするには、空港付近のホテルに前泊することです。14日から20日間ほど、ホテルが無料で預かってくれます。ホテルから空港まではシャトルバスが出ていて、帰国後もホテルまでシャトルバスが利用できます。早朝便を利用する場合などは、良い方法と言えそうです。ホテル代と考え併せて、選択することになります。